推考歴史の導火線『山縣大弐と龍馬の接点を探る』第4回

松蔭は言う「僕は毛利家の臣なり。ゆえに日夜、毛利に奉公 することを練磨するなり。毛利家は天子の臣なり。ゆえに日夜、天子に奉公するなり。われら国主に忠勤するは、すなわち天子に忠勤するなり」この理論では、幕府はあってないに等しい。しかしよくみると、その主君は六百年来、天子へ忠勤をはげんだしるしがない。これは大罪である。松蔭は、いまこそわが主君をして六百年の過ちを正させなければならないことを知った。

松蔭のこれからの道は決まった、、、、自分の行く手じっと見つめる、黙霖に次のように書き送った、、、、 「もしもこのことが成らずして、半途に首を刎ねられたればそれまでなり、もし僕、幽囚の身にて死なば、われ必ず一人のわが志を継ぐ士をば、後世にのこしおくなり」そしてこうも付け加えた

「口先でとやかく言うのは、生来大嫌いで、以上のことも平ぜいは口に出しませんが、上人のことゆえ申すのです。僕がこのことによって死ぬるのを、あなたは黙って見てくれよ」
 この手紙を読んで、黙霖は毛髪が逆立ち、声を上げて泣いたと感想をしるした。ひと月ほどあと、流僧黙霖は萩を後にした。 

『柳子新論』概略 

柳子新論は大弐がはげしい気魄で徳川幕府打倒の論をのべたものである。 当時は幕府盛世のときに痛烈な幕府排撃論を展開し、幕末に起こった尊王倒幕運動の一大先声をなしたのであるから、本書は日本思想史上高く評価されてしかるべきものである。 
 本書は13編からできている。兵学者である大弐が兵書孫子(そんし)13編を模したものである。貫く精神は「正名」の2字につきる。正名は孔子が政治について「必ずや名を正さんか」といったのに基づく。名の乱れの最大は徳川氏が「“名”は征夷大将軍太政大臣であるがその“実”なく、“実”は天子の位を僭窃している」(正名)ところにある。どうしても「名を正して君臣二なく、権勢一に帰せしめなくてはならない」(得一)と大義名分論を真っ向から幕府につきつけた。具体的には次の13編である。 

1編・正名 2編・得一 3編・人文 4編・大体 5編・文武 6編・天民
7編・編民 8編・勧士 9編・安民 10編・守業 11編・通貨 12編・利害 13編・富強

柳子新論の内容は、古来の皇室尊重の考え方で、つまり孔孟の昔の思想であり、主権在民の戦後の体制には馴染まないが、江戸中期の幕藩体制が根付いていた当時の社会体制を考えると進歩的な、斬新な考え方であった。  幕府官僚の認識は朝廷を表向き、奉りながら現状維持が立場であるから、どうしてもその芽をつんでおく必要があった。
 その後の経緯を見ればひた隠しに朝廷に対し秘している、皇室に対しての弾圧と受け取られたくない想いが透けて見える。 
 しかし、歴史の中では、時間という導火線がいつも、くすぶり続けている。どんな体制も、現在もそうだが、地下に沁みこむ水の様な庶民の思いは如何ともしがたい。
 以後、約100余年を経て秘密の写本が吉田黙霖によって長州萩の吉田松陰にもたされ、それまでの幕府を規諫(きかん=いさめ。戒め)してゆくという考えを一変させ、倒幕またやむなしという決心を抱かせるにいたった。
 松蔭の教えた考え方は、激しく、弟子たちに伝わるが、やはり実現までには二世弱ほどの時間がかかったのであり、黙霖の説いたとおりに展開する。
「柳子新論」は、沁みこんだ大弐の思想が時節を得て、建設的革命家や佐幕派の血と汗によって開花した。大弐はどんな思いで、この現実をあの世で受け止めたのだろうか?わずか、100年後に幕藩体制が崩壊するとは夢夢思わなかったであろうが、

                          続く 

 参考文献

筑摩書房・日本の思想17    歴史読本・第18巻8号  講談社山岡荘八著・吉田松陰    新潮文庫山本周五郎著・明和絵暦・夜明けの辻  山県神社誌   飯塚重威著・山縣大弐正伝    成美堂出版徳永真一郎著・吉田松陰  山県大弐著・柳子新論 川浦玄智訳注

                               山縣大弐のページへ戻る